EXM-ZERO【Spinatio ZERO:スピナティオ 零 -ZERO-】

EXM-ZERO
【Spinatio ZERO:スピナティオ 零 -ZERO-】

スピナティオ【ZERO】

すべてのスピナティオのオリジナルとされている機体。 実態はGATE文明の遺産「EXAMACS原型機」に兵装を施した「戦闘兵器」。

通常のEXAMACSにはない機能をもつが技術の解明には至っていない。 この機体のデータを元にマクシオン人類が解明した技術で開発されたのがスピナティオ(A9)である。

藐紫苑王朝皇帝騎(適正のある傍系王族を嫡外皇子として養子に迎えてパイロットにしてきた。)であり、マクシオンの象徴として実践に参加していた。

マクシオンクーデター後、新皇帝により宮廷地下格納庫に秘匿される。

儀礼用装備

スピナティオ【ZERO】式典用装備

戦意向上の為の前線参加の他、式典への参列も多いため式典用の外装が用意されている。 画像の頭部装甲は「EXAMACS原型機」のオリジナル。肩部装甲は儀礼用クロークに換装されている。

零型封印兵器

零型封印兵器

600年前のマクシオンクーデター時、新皇帝により王城地下に封印秘匿され、「零型封印兵器」と呼ばれることになる。

通常兵器と比べ、桁外れのG.E.C.が使用されているZEROは、周囲のゲートエネルギー密度を異常に高め、空間を不安定化させる。結果、封印格納庫は心霊現象の温床となっている。

封印の真相

クーデター後に新皇帝により封印されたことになっているが、実際は前皇帝暗殺によって発動したZEROの防衛プログラムによるもの。(空間の不安定化も防衛プログラムの一環)防衛プログラムによって手を付けられなくなったZEROを持て余した新皇帝が格納庫ごと封鎖したのが真相。

防衛プログラムの遺伝子認証により、再起動には旧皇家直系の遺伝子情報が必要。

封印解除

スピナティオ【ZERO】?

X基地戦から帰還途中のスピナティオ006号機を襲撃した所属不明機。マクシオンクーデター以前の資料に残るZEROと共通の特徴を持つ。

006号機を鹵獲後、連合軍施設に大型ビーム砲を数発撃ち込み、未確認のゲートに消えた。

武装バリエーション

マクシオン軍EXAMACS中、最高の出力と耐久性を持つ【ZERO】は開発陣にとっては格好の研究対象である。様々な武装と装甲が【ZERO】用に準備されるため、出撃のたびに装備が変わることになる。

封印時

スピナティオ【ZERO】

コフィン(棺桶)と呼ばれるメンテナンスゲージに収められて600年間封印状態にあった。
装甲インバネスはメンテナンス状態で全開になっている。
封印中もコフィンのオートメンテナンス機能により、常に稼働可能な状態に保たれていた。

封印解除時

スピナティオ【ZERO】

封印解除の際に行なわれた作動テストの状態。
フライトユニットは装備されていない。
特に問題なく起動したが、軽微なポルターガイスト現象がコクピット内で観測され、テスト後【ZERO】と封印格納庫に「お祓」いが行なわれた

G.E.C.ジェネレーター強奪時

スピナティオ【ZERO】

フライトユニットと新造された戦闘用頭部装甲を装備。
X台地にて幕府軍運用の006号機を鹵獲。006号機が連合軍より奪ったG.E.C.ジェネレーターを強奪。

格闘戦装甲

スピナティオ【ZERO】

装甲インバネスを外し、四肢の稼働を重視した軽装の格闘戦形態。
頭部装甲がEXAMACS原型機のものに変更されているのはパイロットの趣味。

Wフライトユニット装備 Ver.1

【ZERO】にもともと装備されていたスピナティオタイプの噴進式フライトユニットにスピナティアタイプの重力制御式フライトユニットを追加装備したスペシャル仕様。G.E.C.リアクターの出力が異常なほどに高い【ZERO】のみが可能な装備である。

通常状態でF型の「乾坤一擲」以上の機動を実現している。

【ZERO】のコクピットの慣性中和機構(パイロットへの重力加速をゲート技術で異空間に排斥している。未解明の技術で再現不可能。)によって可能になっている。通常のコクピットではパイロットが保たない。

Wフライトユニット装備 Ver.2

スピナティアの開発からフィードバックされた装甲をWフライト仕様に装備した形態。重力制御式フライトユニット収納時のポジションを下半身に移すことでモーメントバラスが向上。

噴進式フライトユニットをサイドアーマーに、重力制御式フライトユニットを腰部にマウントすることで、いずれかのフライトアーマーが破壊された場合も戦闘が継続できるように設計されている。

フライトユニット展開時

飛行時に限らず戦闘機動時は両方のフライトユニットが展開し、複雑に動き機動補助を行う。

フライトユニットの開閉比較

噴進式と重力制御式の二種類のフライトユニットが、収納時と展開時で上下のポジションが入れ替わり開閉する。

関連項目

兵装
装甲インバネス
装甲インバネス/ Armored Inverness
兵装
A9s 006号【動力転送式リアクター搭載試験機】
マクシオン軍兵装
DTURA工廠独自設定
スピナティオ【ZERO】
30 MINUTES MISSIONS 年表

投稿者プロフィール

datura2185
datura2185
プラモデル初心者で「30 MINUTES MISSIONS」の沼にハマりつつあります。
デジラマ作成に使用しているソフトはAdobeのIllustratorとPhotoshop。ほとんどの画作りをIllustratorで行い、Photoshopは画像の準備程度に使用。

I am a beginner of plastic models and am addicted to the swamp of "30 MINUTES MISSIONS".The software used to create the Digirama is Adobe Illustrator and Photoshop.Most of the image creation is done in Illustrator, and Photoshop is used for preparing images.

4 件のコメントが “EXM-ZERO【Spinatio ZERO:スピナティオ 零 -ZERO-】” にあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です