各勢力について

古代ゲート文明

人類発生以前に栄えた古代文明。 多くの星に遺跡の形で、「ゲート装置」「G.E.C.ジェネレーター」「EXAMACSの原型機」を残した。連合軍・バイロン軍・マクシオン軍のEXAMACSが互換性を持つのは同一のアーキテクチャから開発されたため。

テラフォーミング

遺跡を残した星に対し公転軌道の変更レベルの大規模なテラフォーミングを行ったことが遺跡に残された資料から推測される。連合・バイロン・マクシオンの環境が近いのはこのため。

それぞれの人類が同じような進化を遂げたことに関してもゲート文明人の関与が疑われる。

地球連合軍(地球文明)

連合軍アルト

『スカイフォール』によって『遺跡』が活性化するまで独自の技術文明を築いてきた。 このためEXAMACSの動力には核融合、素材についても地球文明由来の鋼材が使用されている。 ゲート技術に関して後発のため、防戦を強いられている。

バイロン軍(バイロン文明)

バイロン軍EXAMACS

バイロン文明発生の頃から『遺跡』について知られていたが、その研究はゲート教会が独占している。

EXAMACS原型機コクピット内でゲート教会の初代法王が宗教的自決を行って以来、EXAMACS原型機も信仰対象となっており研究が禁じられたが、神託という形で歴代の法王にゲート技術の一部が伝わり、教会から下賜されることで一般に科学文明が拡がった。

教義としてG.E.C.はゲート展開にしか使用できない制約があるため、EXAMACSの開発は神託で得られた技術を元にバイロン独自のエネルギー物質と鉱物を使用するという遠回りなものとなっている。

ゲート教

バイロンの国教。『ゲートによって齎される利益はバイロンの権利』という教義を持ち、ゲートを超えての侵略行為を推し進めていた。

革新派と呼ばれる侵略否定派が、国内の紛争とそれに伴う厭戦ムードによって推されて躍進し、革新派法王が誕生。近年は他星への侵略行為は行われていなかった。

国内の安定とともに踏襲派が力を盛り返し、2096年には法王の座を踏襲派が奪還。再び他星侵略へ舵取りを始める。

バイロン軍EXAMACSは全て教会の所有物であり、パイロットはゲート教会の戦闘神父が務める。

マクシオン軍(藐紫苑文明)

スピナティオフレーム

『ゲート文明遺跡』の解析とG.E.C.の利用によって発展した。マクシオン本星と3つの植民性からなる。(植民性はゲート文明由来ではなくマクシオンがテラフォーミングを行い、マクシオン人が移民している。)

EXAMACSは原型機同様にG.E.C.を利用した動力と鋼材を使用しているが完全な再現には及んでおらず、未解明のまま使用している技術もある。

600年前のクーデターの動乱で「G.E.C.ジェネレーター」を失っている。

藐紫苑王朝

マクシオン建国からマクシオンクーデターまで、万世一系で統治を行ってきた。

クーデター時に時の皇帝が謀殺され、傍流の公爵家が皇位を継ぐことになる。
皇家本流は絶えたとされているが、クーデター時に臣下の助けで脱出に成功した王女がおり、血を繋げている。

大政奉還後

大政奉還直後の式典で王族爆殺事件勃発。当代のマクシオン皇帝は植民星の本星と植民星の統治権を手に入れた数日後に死亡することになる。

王族爆殺事件の影響は、まるで事件の発生が予想されていたかのように少なく、王族爆殺事件をスピナティオ【ZERO】に搭乗していたことで生き延びた第4皇子のもと、マクシオン本星と植民星の王朝統治時代が始まっている。

幕紫苑幕府

藐紫苑王朝の指示の下で植民性を統治していた『三星連絡会』が第三次植民戦争によって力をつけ、王朝に反逆。『幕紫苑幕府』を名乗り新政府を樹立した。

藐紫苑新皇帝家とはクーデター以前から通じており、王朝が本星、幕府が植民星を統治することで、クーデターの落とし所を予め決めていた。

クーデター後600年に渡りマクシオン植民性を統治していたが、G.E.C.ジェネレーター喪失の影響もあり民衆の不信は頂点に達していた。地球侵攻によってG.E.C.ジェネレーターを強奪するも、最終的に王朝勢力にG.E.C.ジェネレーターを奪われたことが致命傷となり、王朝に大政奉還後解体される。

幕府軍残党勢力

大政奉還後の王族爆殺事件を計画したと考えられる旧幕府軍の派閥。ゲートを越えて地球に逃亡。連合軍の一部将校と通じることになり、地球にゲート文明技術を拡げることになる。

投稿者プロフィール

datura2185
datura2185
プラモデル初心者で「30 MINUTES MISSIONS」の沼にハマりつつあります。
デジラマ作成に使用しているソフトはAdobeのIllustratorとPhotoshop。ほとんどの画作りをIllustratorで行い、Photoshopは画像の準備程度に使用。

I am a beginner of plastic models and am addicted to the swamp of "30 MINUTES MISSIONS".The software used to create the Digirama is Adobe Illustrator and Photoshop.Most of the image creation is done in Illustrator, and Photoshop is used for preparing images.

当サイト内の記事による30 MINUTES MISSIONSのEXAMACS(エグザマクス)・エグザビークル・ストーリーに関する設定は、DATURA工廠及び寄稿者の独自設定であり、公式の設定とは異なります。

The settings related to EXAMACS, Exa Vehicle, and Story of 30 MINUTES MISSIONS in this site article are the original settings of "DATURA Factory" and the contributor, and are different from the official settings.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です